CAF AWARD

CAF賞2019


FINALISTS入選作家


  • 浅野 ひかり(東京藝術大学)

    Hikari ASANO(東京藝術大学)

  • 東 弘一郎(東京藝術大学)

    Koichiro AZUMA(東京藝術大学)

  • 新井 浩太(東京造形大学)

    Kota ARAI(東京造形大学)

  • 加藤 広太(武蔵野美術大学)

    Kota KATO(武蔵野美術大学)

  • 木下 理子(武蔵野美術大学大学院)

    Riko KINOSHITA(武蔵野美術大学大学院)

  • 木村 桃子(武蔵野美術大学大学院)

    Momoko KIMURA(武蔵野美術大学大学院)

  • サカイ ケイタ(武蔵野美術大学大学院)

    Keita SAKAI(武蔵野美術大学大学院)

  • 敷根 功士朗(東京藝術大学大学院)

    Koshiro SHIKINE(東京藝術大学大学院)

  • 原本 悠(武蔵野美術大学大学院)

    Haruka HARAMOTO(武蔵野美術大学大学院)

  • 平瀬 ミキ(情報科学芸術大学院大学)

    Miki HIRASE(情報科学芸術大学院大学)

  • 山口 由葉(東京藝術大学大学院)

    Yuiha YAMAGUCHI(東京藝術大学大学院)

  • 油原 和記(東京藝術大学大学院)

    Kazuki YUHARA(東京藝術大学大学院)

SCHEDULE審査日程


最終審査
2019年10月1日(火)
作品展覧会
2019年10月1日(火)〜10月6日(日)11:00~19:00
*最終日のみ17:00閉場

EXHIBITION展覧会


入選作品展覧会
2019年10月1日(火)〜10月6日(日)11:00~19:00
*最終日のみ17:00閉場
表彰式・トークショー・レセプション
2019年10月1日(火)18:00~20:00
会場
代官山ヒルサイドテラスF棟 ヒルサイドフォーラム(東京都渋谷区猿楽町18‒8)

ABOUT CAF AWARD


「CAF賞」は、日本全国の高校・大学・大学院・専門学校の学生、および日本国籍を有し海外の教育機関に在籍する学生の作品を対象としたアートアワードです。学生の創作活動の支援と日本の現代芸術の振興を目的に開催し、今回で6回目を迎えます。最優秀賞に選ばれた受賞者には賞金100万円のほか、副賞として個展開催の機会を提供します。また、入選者を含むいずれかのものに海外渡航費用として50万円を授与いたします。
この度、「CAF賞入選作品展覧会」を10月1日(火)~10月6日(日)の6日間、東京・代官山のヒルサイドフォーラムにて開催いたします。昨年の応募数をはるかに上回る中、本展では、絵画、彫刻、映像、インスタレーション、パフォーマンスなどあらゆるジャンルの入選作品を展示、10月1日(火)には最終審査が行われ各受賞作品を発表し表彰式とレセプションを行います。また、本年は表彰式当日に審査員3名による入場無料のトークショーも開催いたします。

今後の活躍が期待される学生の皆さまの作品を、ぜひご高覧ください。

PRIZE各賞


  • 最優秀賞1名

    賞金

    100

    万円

    副賞:個展開催の機会

  • 審査員賞3名

    賞金

    30

    万円

*この他入選者を含むいずれかのものに海外渡航費50万円を付与する。

JURIES審査員


  • SCAI THE BATHHOUSE

    白石 正美

    Masami SHIRAISHI

    1947年東京生まれ。SCAITHEBATHHOUSE代 表。慶應義塾大学文学部美学美術史学専 攻。89年より青山表参道の東高現代美術館 副館長。国際的なアートマーケットを視野 に国内外の現代美術作家を取り扱う「白石 コンテンポラリーアート」を設立。92年に アートフェア東京の前身となるNICAFを立 ち上げた。SCAI THE BATHHOUSEを台東区 谷中に開設。一方、谷中の地域の活性化を 進め、「カヤバ珈琲」や「上野桜木あた り」を再生。近年、若手アーティストのた めの実験場として「駒込倉庫」や新しい視 点のスペース「SCAI PARK」を天王洲アイ ルにオープン。

  • 東京都現代美術館

    藪前 知子

    Tomoko YABUMAE

    1974年、東京生まれ。東京都現代美術館 学芸員。これまで企画担当した主な展覧会 は、「大竹伸朗 全景1955-2006」(2006)、 「MOTコレクション 特集展示 岡﨑乾二 郎」(2009)、「山口小夜子 未来を着る 人」(2015)、「おとなもこどもも考え るここはだれの場所?」(2015)、 「MOTサテライト 2017春 往来往来」 (2017)(以上、東京都現代美術館)な ど。キュレーションの他に、雑誌等に日本 の近現代美術についての寄稿多数。札幌国 際芸術祭(SIAF)2017にバンドメンバー (企画チーム)として参加。

  • Rhizomatiks

    齋藤 精一

    Seiichi SAITO

    ライゾマティクス代表取締役/クリエイ ティヴ&テクニカル・ディレクター。1975 年神奈川県生まれ。建築デザインをコロン ビア大学(MSAAD)で学び、2000年から ニューヨークで活動を開始。06年にライゾ マティクスを設立。建築で培ったロジカル な思考をもとに、アートやコマーシャルの 領域で立体作品やインタラクティヴ作品を 制作する。

QUALIFICATION応募資格


  • 応募時点で全国の高校・大学・大学院・専門学校に所属する学生、
    または2019年3月時点で学生であったもの
  • 日本国籍を有するもの、あるいは日本在住のもの
  • 応募作品は1人1点とし、サイズや形式は問わない
  • ただし、審査や展覧会に際し展示方法が相談可能であること
  • 応募作品が東京まで輸送可能であること(送料は原則当財団負担、一部相談地域あり)
  • 受賞時にプロフィールや氏名、肖像画像の発表が可能であること

出品料無料。
応募書類は主催者側で適切に管理し、応募者への連絡及び事業案内等に使用しその他の目的に使用することはありません。
著作権の扱いは全て、作者本人に帰属します。

Contemporary Art Foundation