展示概要

ディスレクシアという視点を出発点に、
無意識に行っている「見る」という
行為について考える展示

1997年生まれのサカイケイタは、周囲との「認識のズレ」をテーマに、彫刻作品やインスタレーションを制作する作家です。彼は自身の持つディスレクシア(読み書きの困難)による特異な視点を制作の出発点としており、作品を通して知覚とコミュニケーションにおける新たな視点を探っています。

<Underline - 生活の記号と関わる>という展示会名は、サカイが生活をする中で出会う様々な「認識のズレ」をUnderline=強調して取り上げることに由来します。特に本展では、街中に存在するサインをモチーフにした大型インスタレーション《LINE 02》をはじめ、反復・繰り返しのパターンに焦点を当てた彫刻作品群を発表し、誰しもが日常の中で無意識になっている「見る」という行為について疑問を投げかけます。

作家紹介

サカイケイタ
Keita Sakai

1997年 東京都生まれ。
2015年 東京造形大学造形学部彫刻専攻領域入学
2017年 武蔵野美術大学造形学部彫刻科編入学
2019年 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業 
2019年 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース入学

グループ展
2018年 「ゲシュタルト 建設」武蔵野美術大学/東京
2019年   2018 年度武蔵野美術大学卒業・修了制作展 / 東京
      2018 年度東京五美術大学連合卒業・修了制作展 / 東京 
     「Rulebook Exhibition」D-LAND LOUNGE/東京
     「NEW MAKER」ギャラリーLE DECO/東京
     「2019CAF賞」代官山ヒルサイドフォーラム/東京
     「へーはーほー展」武蔵野美術大学/東京 

受賞
2019CAF賞 最優秀賞

助成
クマ財団 第4期奨学生

イベント

12/25(金)
より配信予定

オンライントーク
『遊びについて』

ゲスト
伊藤亜紗(美学者)
×
鈴木康広(アーティスト)
×
サカイケイタ(美術家)

Keita Sakai
Solo Exhibition

Underlineー
生活の記号と関わる

2020年

12/22 (火) ~
12/30 (水)

11:00~20:00
最終日16:00まで

入場無料|事前申し込み不要|
会期中無休

渋谷ヒカリエ
8/CUBE+COURT

〒150-8510
東京都渋谷区渋谷2-21-1
渋谷ヒカリエ 8F

開催期間

開催時間

開催会場

本展覧会
について

本展覧会は、公益財団法人現代芸術振興財団の行う「CAF (Contemporary Art Foundation)賞」の最優秀賞の副賞として行っております。CAF賞とは、学生の方々を対象に若手アーティスト育成を目的として2014年より毎年実施しているアートアワードです。最優秀賞受賞者には賞金100万円のほか、副賞として個展開催の機会を提供しております。