• 現代芸術振興財団 ホーム

CAF賞2018年 CAF賞2018年

ABOUT

CAF2018

「CAF賞」は、日本全国の高校・大学・大学院・専門学校の学生、および日本国籍を有し海外の教育機関に在籍する学生の作品を対象としたアートアワードです。学生の創作活動の支援と日本の現代芸術の振興を目的に開催し、今回で5回目を迎えます。最優秀賞に選ばれた受賞者には賞金100万円のほか、副賞として個展開催の機会を提供します。また、入選者を含むいずれかのものに海外渡航費用として50万円を授与いたします。
この度、「CAF賞入選作品展覧会」を11月27日(火)~12月2日(日)の6日間、東京・代官山のヒルサイドフォーラムにて開催いたしました。昨年の応募数をはるかに上回る中、本展では、絵画、彫刻、映像、インスタレーション、パフォーマンスなどあらゆるジャンルの入選作品を展示、11月27日(火)には最終審査が行われ各受賞作品を発表し表彰式とレセプションを行いました。

JURIES

審査員
  • caf-awards-2018-jury-Masami-Shiraishi-caf賞-2018-審査員-白石正美

    白石 正美

    SCAI THE BATHHOUSE

    1947年東京生まれ。SCAI THE BATHHOUSE代表。慶應義塾大学文学部美学美術史学専攻。89年より青山表参道の東高現代美術館副館長。国際的なアートマーケットを視野に国内外の現代美術作家を取り扱う「白石コンテンポラリーアート」を設立。92年にアートフェア東京の前身となるNICAFを立ち上げた。SCAI THE BATHHOUSEを台東区谷中に開設。一方、谷中の地域の活性化を進め、「カヤバ珈琲」や「上野桜木あたり」を再生。近年、若手アーティストのための実験場として「駒込倉庫」や新しい視点のスペース「SCAI PARK」を天王洲アイルにオープン。

  • caf-awards-2018-jury-Tomoko-Yabu-caf賞-2018-審査員-藪前知子

    藪前 知子

    東京都現代美術館

    1974年、東京生まれ。東京都現代美術館学芸員。これまで企画担当した主な展覧会は、「大竹伸朗 全景1955-2006」(2006)、「MOTコレクション 特集展示 岡﨑乾二郎」(2009)、「山口小夜子 未来を着る人」(2015)、「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」(2015)、「MOTサテライト 2017春 往来往来」(2017)(以上、東京都現代美術館)など。キュレーションの他に、雑誌等に日本の近現代美術についての寄稿多数。札幌国際芸術祭(SIAF)2017にバンドメンバー(企画チーム)として参加。

  • caf-awards-2018-jury-Seiichi-Saito-caf賞-2018-審査員-齋藤精一

    齋藤 精一

    Rhizomatiks

    ライゾマティクス代表取締役/クリエイティヴ&テクニカル・ディレクター。1975年神奈川県生まれ。建築デザインをコロンビア大学(MSAAD)で学び、2000年からニューヨークで活動を開始。06年にライゾマティクスを設立。建築で培ったロジカルな思考をもとに、アートやコマーシャルの領域で立体作品やインタラクティヴ作品を制作する。

WINNERS

入賞者
    • つくられた壺
    • つくられた壺
    根本 祐杜

    最優秀賞

    根本 祐杜

    Yuto NEMOTO

    東京藝術大学大学院

    Titile

    つくられた壺

    2017 ミクストメディア サイズ可変

    審査員講評

    エンターテインメント性を抜いたオリンピックゲームというユニークなテーマを聞き、まず「やられたな」と思いました。全世界が注目するオリンピックをアートに取り込み、「人体」「戦い」「造形美」などのアートの言葉を織り交ぜながら、彼の感覚の中で自分の作品に活かしています。古めかしい壷と、台座の材質の違いが気になって、さらに作品の奥に入り込んでしまいます。作品自体もどこかの画廊で展覧会をやっても十分に見栄えのする、しかも同時代的な問題点をきちんとはらんだ作品として成立していると思い、今回の最高賞にふさわしく、全会一致で賞を授与することにいたしました。(白石)

    根本 祐杜
    • CVS
    仲 衿香

    白石正美賞

    仲 衿香

    Erika NAKA

    東京造形大学

    Titile

    CVS

    2018 キャンバスにアクリル サイズ可変

    審査員講評

    コンビニエンスストアのロゴをペインティングにした作品です。既に一種のメッセージ性を持っているデザインを正面から題材にして描くというチャレンジングなことを、あえてやってしまうところが非常に面白いと思います。既成のイメージを使うのは、ポップアートでやることですが、この作品はそこをすり抜けて絵画として成り立たせている所に注目しました。加えて、所有していたいと思わせる作品だと思いましたので審査員賞をお贈りしました。(白石)

    仲 衿香
    • She bent tech thin tight(思弁的身体).
    田嶋 周造

    藪前知子賞

    田嶋 周造

    Shuzo TAJIMA

    武蔵野美術大学

    Titile

    She bent tech thin tight(思弁的身体).

    2018 キャンバスに油彩 F20号のキャンバス4枚

    審査員講評

    戦後すぐ、歪められた人体をテーマにしている1950年代の日本の絵画を彷彿とさせる密度のあるペインティングに惹きつけられました。彼自身のサブカルチャーへの興味も伺えますが、日本の戦後美術からサブカルチャーを貫く、独特の湿り気のようなものが画面の中に現れていると感じました。画歴はまだ2年と短いことに驚かされましたが、今後の大成を期待して賞を差し上げます。(藪前)

    田嶋 周造
    • T家の転回
    持田 敦子

    齋藤精一賞

    持田 敦子

    Atsuko MOCHIDA

    東京藝術大学大学院

    Titile

    T家の転回

    2017 木造家屋、鑑賞者の手動により回転
    4分41秒(ビデオドキュメンテーション)

    審査員講評

    持田さんの作品は建築的であり、コンテクストであり、イベント的である新しいタイプの作品だと思いました。少子高齢化や過疎化の時代の空き家問題やインターネットが空気となった今だからこそ見えているようで見えなくなってくる個人の歴史というものを自身の創作能力と美術の力で発信していると感じました。このような社会メッセージと個人の2つが共存し、強く込められた作品を応援する意味でも個人賞として選ばせていただきました。(齋藤)

    持田 敦子
    • 架空の男による私のドキュメンタリー
    大石 一貴

    海外渡航費授与者

    大石 一貴

    Kazuki OISHI

    武蔵野美術大学大学院

    Titile

    架空の男による私のドキュメンタリー

    2018 ミクストメディア 220cm×350cm×100cm

    審査員講評

    オブジェの間にある、見えない因果関係の読み取りが興味深い作品です。それぞれのものが自律しつつ、いかに関係を結ぶかという芸術にとって普遍的なテーマを追求されています。ただコンセプト先行に見えるきらいもありましたので、日本を離れたところで、ご自身の考えていることの本質を掴みなおしていただきたいという思いで選考いたしました。(藪前)

    大石 一貴

Photo by Keizo Kioku, Kaori Nishida

Photo by Keizo Kioku, Kaori Nishida

FINALIST

入選作家
  • OUYANG ZIXUAN

    女子美術大学大学院
  • 大石 一貴

    武蔵野美術大学大学院
  • 大西 晃生

    京都精華大学
  • 大野 由美子

    シュティグリツ美術工芸大学大学院
  • 大原 由

    東京藝術大学大学院
  • 佐藤 華音

    東京藝術大学大学院
  • 菅谷 杏樹

    東京藝術大学大学院
  • スクリプカリウ落合 安奈

    東京藝術大学大学院
  • 田嶋 周造

    武蔵野美術大学
  • 辻 梨絵子

    東京藝術大学大学院
  • 仲 衿香

    東京造形大学
  • 根本 祐杜

    東京藝術大学大学院
  • 星野 陽子

    東京藝術大学大学院
  • 持田 敦子

    東京藝術大学大学院
  • 山縣 俊介

    多摩美術大学大学院

お問い合わせ

公益財団法人現代芸術振興財団 
TEL:03-6441-3264 
E-mail:contact@gendai-art.org