• 現代芸術振興財団 ホーム

第4回CAF賞第4回CAF賞

「CAF (Contemporary Art Foundation) 賞」は、高校、大学、大学院、専門学校の学生の皆様を対象とした、若手アーティスト育成を目的とするアートアワードとして2014 年より実施しています。4回目となる今年は審査員に白石正美(SCAI THE BATHHOUSE)、藪前知子(東京都現代美術館)、齋藤精一(Rhizomatiks) を迎え、最優秀賞1名・審査員特別賞3名、海外渡航費授与者1名の合計5名の学生を選出いたしました。最優秀賞受賞者には賞金に加えて個展開催の機会を提供いたします。 またこの度、「第4回CAF賞作品展」を10月31日(火)~11月5日(日) の6日間、東京・代官山のヒルサイドフォーラムにて開催いたしました。本展では、集まった数百の応募作品の中から選ばれた絵画、彫刻、映像、インスタレーション、パフォーマンスなどあらゆるジャンルの入選作品を展示、11月3日(金・祝)には最終審査が行われ各受賞作品を発表し表彰式とレセプションを行いました。

審査員審査員

白石正美(SCAI THE BATHHOUSE)

白石 正美
(SCAI THE BATHHOUSE)

1947年東京生まれ。SCAI THE BATH HOUSE代表。慶應義塾大学文学部美学美術史学専攻。89年より青山表参道の東高現代美術館副館長。国際的なアートマーケットを視野に国内外の現代美術作家を取り扱う「白石コンテンポラリーアート」を設立。92年にアートフェア東京の前身となるNICAFを立ち上げた。SCAI THE BATHHOUSEを台東区谷中に開設。一方、谷中の地域の活性化を進め、「カヤバ珈琲」や「上野桜木あたり」を再生。近年、若手アーティストのための実験場として「駒込倉庫」や新しい視点のスペース「SCAI PARK」を天王洲アイルにオープン。

藪前知子(東京都現代美術館)

藪前 知子
(東京都現代美術館)

1974年、東京生まれ。東京都現代美術館学芸員。これまで企画担当した主な展覧会は、「大竹伸朗 全景1955-2006」(2006)、「MOTコレクション 特集展示 岡﨑乾二郎」(2009)、「山口小夜子 未来を着る人」(2015)、「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」(2015)、「MOTサテライト 2017春 往来往来」(2017)(以上、東京都現代美術館)など。キュレーションの他に、雑誌等に日本の近現代美術についての寄稿多数。札幌国際芸術祭(SIAF)2017にバンドメンバー(企画チーム)として参加。

齋藤精一(Rhizomatiks)

齋藤 精一
(Rhizomatiks)

ライゾマティクス代表取締役/クリエイティヴ&テクニカル・ディレクター。1975年神奈川県生まれ。建築デザインをコロンビア大学(MSAAD)で学び、2000年からニューヨークで活動を開始。06年にライゾマティクスを設立。建築で培ったロジカルな思考をもとに、アートやコマーシャルの領域で立体作品やインタラクティヴ作品を制作する。

入賞者入賞者

最優秀賞

木村 翔馬Shoma KIMURA(京都市立芸術大学)

(左)絵画のスライドショー (右)けん玉の神さま
白石正美賞

大久保 紗也Saya OKUBO(京都造形芸術大学大学院)

His drawing drawing
藪前知子賞

小山 しおりShiori KOYAMA(京都造形芸術大学大学院)

(左)continued story (右)STELE
齋藤精一賞

菅 雄嗣Yushi SUGA(東京藝術大学大学院)

(左)Scraped painting -black 2- (右)Scraped painting -black 3-
海外渡航費授与者

大岩 雄典Euske OIWA(東京藝術大学大学院)

五階くらいの高さから落ちても(あの)猫は死なないというーーじゃあイエネコは?

特別展示 前澤友作コレクション特別展示 前澤友作コレクション

ジャン=ミシェル・バスキア Untitled 1982年

ジャン=ミシェル・バスキア Untitled 1982年

第4回CAF賞展の会場では、入選作品と合わせ、現代芸術振興財団の会長を務める前澤友作のコレクションの一部を公開いたしました。今回の展示では、2017年5月ニューヨークのオークションにて、アメリカ人アーティストとして最高額(約123億円)で落札されたことでも話題となった、ジャン=ミシェル・バスキア「Untitled」(1982)ほか数点をご紹介いたしました。本作は今回が国内初展示となり、この後国外の美術館での展示が決まっております。